なちゅの外食実査(夏編)。

夏になって訪問した外食チェーン店舗の実査記録です。

路地裏ワイン酒場(ダイニング)

同店はダイニングの新業態であり、聞くところによるとこのお店は元

からスペインバルだったようですので、居抜き物件ありきで開発した業態な

のかもしれません。言われてみれば確かに内装に経年感がありましたので

なるほど路地裏とはうまいネーミングをしたものだと思います。

ハッピーアワーは飲み物が半額で、その時間帯が終わった後に飲み放題に

切り替えるという荒業()も可能です。飲み放題は準セルフ方式ですが、自家製

のサングリアなども置いてあるので結構満足できます。

回転ずし魚屋路(すかいらーく)

すかいらーくに回転寿司業態があることを知っていても、実際に見かけたこと

のある方は少数派だと思いますが、スシローやはま寿司の上、銚子丸の少し

下、徳兵衛と同じくらいの価格帯で、満足できるお寿司がいただけます。

アルコールやあら汁などは比較的安いいため、結構贅沢したなぁと思っても、

思ったよりはお会計金額がハネません。すかいらーくの優待が大量にきたら、

この業態で消化するのが一番オススメです。お店が少ないのがネックですが、

優待を大量にお持ちなら、電車に乗って行ってもペイ出来ると思います。

つぼ八(つぼ八)

元祖チェーン居酒屋の代表格、つぼ八です。ワタミのルーツとしても有名ですが

創業者の石井誠二氏が率いる八百八町が今をときめくサブライムに買収され

たことは外食業界を驚かせましたね。

チェーン居酒屋の教科書みたいなお店ですので、まぁ奇をてらったことがなく

メニューに当たりはずれがないところが良いです。から揚げも北海道産の鶏を

使用しています。写真の炙りしめ鯖はワタミの定番メニューでもありますね。

ダンダダン酒場(NATTYSWANKY)

京王線沿線の方には局地的にお馴染みのダンダダン酒場です。個人的に

SFPの餃子業態はここを参考()にしたと思っています。非上場ですので、

当然優待券はありませんが、2019年東証マザーズ上場を目指している

ようですので、期待したいと思います。餃子の商品力が非常に高いです。

以上、今回は4業態を訪問いたしました。機会があればまた書きます。

会社四季報2017年1集新春号雑誌

新品価格

2060から

(2016/12/1707:44時点)

本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。

特定の証券金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に

基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。

にほんブログ村