冷房病になりそうだ。

寝不足の生活に少しだけ慣れて来たような、リズムが出来て来たような

そんな気がするだけなのか。。。

時間の隙間の使い方が

上手くなって来たこの頃です。

相変わらず部屋は一定温度に保たれておりますので、2627度でとっても快適に過ごしてます。

風が吹いてて窓開けられそうかなと

思う日でも、あっという間に部屋の温度が

30度超えになってしまうので

新生児の娘の事を考えると

汗をあまりかかせないように、

そして、新生児の身体は外気温に

かなり影響されるらしいので、グズったり

ミルクの飲みが悪くなったり

汗疹ができてさらに機嫌悪くなったり、

悪循環になる事間違い無い。

なので、本人の快適な温度に

保ってあげなければならないのです。

私も暑がりなので

冷房の部屋にこもって居られるのは

幸せこのうえないんだけれどね

でも、汗をかかない生活をしてるからか

外に出た瞬間の身体中の毛穴から

汗が噴き出す感じすさまじい(;)

完全に体温コントロール

できなくなっております(;)

そんな訳で、

新生児のVIP待遇な日を

過ごしてますが、最近の娘は

やっとミルクを飲む量が増えて来てくれて

まぁ標準くらいの目安量は飲めるようになって来ました。

とは言っても、飲みながら寝るので

起こしながら頑張って飲ませます。

時間がかかりすぎるのがたまに傷かな(;)

昨日2週間検診があり、

退院後初めて外へ出た娘でしたが

体重測定時の、裸になる時以外は

思ってたよりギャン泣きせず

先生にお腹ポンポンあちこち触られてるのに

泣きもしないでいたのには

パパや息子と同じB型の血の匂いを

感じずに居られなかった母でした(;)

なんでかって?

それはB型の人に聞いてみよう()

そんな健診では、

体重も退院時から400g近く増えていて

1日あたりの体重増加は平均的で

ミルクも足りているとのことでした。

不安なことや分からないことありますか?と

聞かれて、一つ気になる事があったので

うちの子は、産まれてすぐに呼吸が早かったので念のため保育器に一時的に入ってましたが、

その日のうちに落ち着いて普通にベッドに移ったみたいなんだけれども。

その呼吸の件ってこの先も娘の体に出たり

するのかな?と思ったから一応聞いてみると、

先生が事細かに説明してくださって

とても納得&安心できました!

胎児の間、ママのお腹の羊水の中に

いる赤ちゃんは、肺の中まで水でいっぱいだそう。普通分娩の場合、破水して水がなくなり、

陣痛が始まって子宮が小さくなってくると、

赤ちゃんは頭から体を捻るようにして外に出てくる。その時に肺の中の水を絞るように

外に出しながら出るんだそう。

だけど、帝王切開の場合、

通常の予定日よりも早くに外に出される上、

肺の水を出す事ができないまま、

お腹から取り出されるので、赤ちゃんは

その時に泣いて少し口からお水を出したりするみたいなんだけど、そのせいもあって、

肺の中の羊水が出しきれないままで

肺呼吸が始まるから袋の容量が小さいせいで

たくさん空気を吸えず、小刻みな呼吸になってしまうことがあるそうです。

色な緊急事態に備えての、念のため保育器だったんでしょうかね。

なので、特別呼吸器系に疾患があって、、という訳ではないみたいなので、今後なんらかの

呼吸障害などが出る事はありません。と

きっぱり断言してくれました。

とにかく一安心。

他にも特に問題はなく、無事健診終えられました。が、14:30からの真夏の健診は

車の乗り降りだけでも一苦労。

冬も冬で大変だけど

どの季節もそれなりに大変なんだわ

私も娘もヘトヘトで、

その日の夜はミルクもたくさん飲んだし

しっかり寝てて、娘もかなり疲れたんだなと

実感しました。

次は1月健診。

成長が楽しみです