Tao太極

市場原理主義を意味説いている

メリット:市場原理に従い競争が発生し、高品質低価格の商品が作られる。

デメリット:競争の結果、競争に勝った少数の企業だけが生き残り、

市場は独占(寡占)状態となり、低品質高価格の商品しか作られなくなる。

応用して政治経済を主観で見る。

メリット:『共に育み育て合う』・『共生』原理に従い『学び合う』庶民の政治思想論そうが発生し、『持続可能なパーマカルチャー所謂『動物や多年生の植物、および自家更新する植物を人間が利用する目的で組みあわせたシステムであり、それは常に進化する・弁証法』を手本とした政治と暮らしが作られる。☆☆☆☆☆

真の文明は  山を荒らさず  川を荒らさず  村を破らず  人を殺さざずべし【田中正造

  日本の政治家。日本初の公害事件と言われる足尾銅山鉱毒事件を 明治天皇に直訴した政治家として有名。

★デメリット★

金・プライド・権威・学歴・名声の競争原理の結果、競争に勝った少数の「企業官僚」だけが生き残り、市場と「政治」は独占(寡占)「独裁」状態となり、低品質高価格の商品と「庶民の困窮の生活を忘れた政治」しか作られなくなる。*****

御存じ、アへ内閣

政治問題や政権疑獄などを見ないように、あえて「そらし」問題を起こす。

人々に冷静な判断をさせないように意図・作為的に大惨事の如く問題を起こす、これは「軍産複合体」のような「平和と文明繁栄のためには戦争を起こす事が必要と言う似非平和主義の為政者が大衆を扇動するための常套手段。

少し前は北朝鮮のミサイル詐欺でした、今はヒアリ詐欺に移行中で、お次は( ^ω^)・・・。

甘い文明(文化ではありません)の最も残酷な深い落とし穴を覗くと下から見上げている彼方と言う死霊が見える。

アイヌのことわざ」に、「天から役目なしに降ろされた物はひとつもない=カント オロ ワ ヤク サク ノ ア・ランケプ シネプ カ イサム.」というものがあります。

人間が身勝手に害鳥とか害虫とか益鳥とかと言うけれど、それぞれが役目をもたされて天から降ろされており、鳥が木の実を食べてその種を糞として種蒔きの役目、ネズミやリスがどんぐりを土に埋め忘れるのも種蒔き。

ネズミが木をかじって枯らすのも同じ間伐の役目。

増えすぎたり弱ったネズミやリス・鳥を食べて駆除するのは雑食の狐(肉食性が 強い)の役目。

鹿が角を研ぎ(あるいは木の皮を食いかじって)木を枯らすのは間伐の役目との意味です。

人は・・・人は、「新たな神話を造る為」進化と言う天から降ろされてきている。

広告を非表示にする